仕事が忙しい人も無理なく行いやすい松戸での葬儀

千葉県内でも都心へのアクセスが最も良いエリアの一つである松戸市では、通勤の便利さを生かした首都圏有数のベッドタウンとして、数多くのマンションが建ち並び、共働き世帯やシングル世帯、いずれも忙しい仕事を持つ人々が多く暮らす地域となっています。 近年、首都圏を中心に葬儀のコンパクト化が進んでおり、これまで一般的だった2日間にわたってお通夜や告別式を行う伝統的な式典と違い、従来よりも時間をかけずに済む一日葬や直葬などの形式が選べるようになったことから、それらを選択する人が増え、主流となる様相すら見せつつあります。 都心からも近い松戸の場合、仕事を終えてからお通夜を行うこともできますが、2日間かけて慌ただしい葬儀を行うよりは、1日で済む式典を選び、故人との別れのひとときをゆったりと持つというほうが、現代の潮流にも沿うものとなっています。

主要駅からアクセスの良い斎場の数々

松戸エリアにはJR常磐線をはじめ市内の要所要所を結ぶ鉄道路線が充実し、各線の主要駅周辺には徒歩圏内の便利な場所に大小のホールを持つ斎場が点在しています。首都圏では特にマンション世帯が増えたこともあって、自宅で葬儀を行う家庭がほとんど見られなくなり、葬祭業者の手配で斎場で行われることが一般的になっています。 そういった駅から近いホールであれば、仕事が終わってからのお通夜も可能ですが、斎場などの施設では、昨今は安全のために夜通し線香が上げられないこともあって、お通夜の有り方そのものが様変わりしています。一日葬や直葬を選ぶ人が増えている背景には、現代事情に合わせた伝統的な風習の変化もあり、一般会葬者のない家族葬の場合は特に一日のみの式典が選ばれやすい雰囲気となっています。

短い時間であっても故人と静かに向き合える式典

家族や親戚のみで行う家族葬の中でも、お通夜と告別式を行う伝統的な形式より、一日葬や告別式も行わない直葬が選ばれやすくなっています。それぞれ、従来型よりも費用がかなり抑えられることと、一日で式典を終えることができることで、仕事が忙しい人にとっては時間的にも体力的にも助かるといった面もあります。 告別式も行わない直葬においては、故人との別れの時間が短すぎて慌ただしいのではと懸念する人もいますが、真に家族と近しい親戚のみということで、むしろ故人との惜別の時をじっくりと持つことができ、思い出深いひとときになるとの声もあります。 通常の葬送形式においても、音楽葬など無宗教葬も選ばれやすくなっており、その後の供養のあり方も含め、今後さらに変化を遂げていくと考えられます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加