時間の短さも考慮して選ぶ松戸の葬儀

首都圏有数のベッドタウンである松戸エリアは、千葉県内でも都心へのアクセスが抜群に良いことから、多忙な共働き世帯やシングル世帯が多く暮らすマンションが林立している地域を多数抱えています。 葬儀の傾向に関しては、全国の都市部で定着した感のある家族葬を選ぶ人が増え、式典の規模そのもののコンパクト化がいっそう進んでいるだけではなく、幾つかある家族葬プランの中でも、時間がかからずに済む形式の人気がさらに高まっています。お通夜を行わない一日葬はもとより、告別式も行わず、火葬のみ執り行う直葬が、費用が最もかからないという面からも選ばれやすくなっています。 直葬は一般的な式典が行われないぶん、特に時間がかからない葬送スタイルという点でも、忙しい現代人のニーズに沿うものとなっています。

公営斎場で行う直葬で実現する時短の葬儀

松戸エリアでも年を追うごとに注目度を高めている火葬のみの直葬は、費用が最もかからないという点が、やはり選ばれやすい一番のポイントになっています。中には10万円以下という格安の直葬プランを提示する広告もあり、それに惹かれて選ぶ人もいます。 そこまでの安価の場合、遺体搬送や安置の費用などがオプション加算形式になっていることが多く、精算時には、直葬の平均的な相場と言われる20数万円ほどになると言われます。 真に安価なのが火葬場併設の公営斎場で行う直葬プランで、市民であれば割引もあり、平均相場よりかなり安価な17万円ほどで行うことができます。式典が無いことで、かなり時短の葬送ということになりますが、凝縮した時間の中で家族と親戚のみで故人を送ることができ、満足度は高い形式となっています。

幾つかの選択肢の中から最適なプランを選定

費用が最も抑えられ、時短の葬送形式でもある直葬は、従来のお通夜も告別式も行い会葬者も多い葬儀形式に馴染みがある人の場合、やや簡略化し過ぎているといった印象も抱きがちとなります。 ここ数年の傾向としては、家族葬が増えて定着しつつあることの他に、幾つかのプランの中から一番良いと思える形式を選んで行えるようになったことも挙げられます。 従来のようにお通夜も告別式も行い、会葬者が多く参列する式典も、もちろん選ぶことができます。全体的にコンパクト化傾向が進みつつも、伝統を大切に考える人々も多く、それぞれの考え方や予算に応じて、最も適した葬送スタイルを選択することが可能になっています。その自由度の高さも、現在の傾向から得られるメリットの一つになっています。終活ブームによって、自分の葬送形式は自分で決めるという人も、今後いっそう増えていくと考えられます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加